愛人まみれ

愛人は、お互いの事を認め合い、金銭的にお小遣いやプレゼントなど生活の為に必要になるものを含んでいます。
女性がパパと呼ばれる男性に愛人として関係を持つことが多いです。
しかし単に生活をするためのお金だけの関係でなくそこに愛情があります。
好きだという気持ちはもちろんあり、しかしそれは本流に乗ってはいけません。
愛人とはあくまで知人なのです。
絶対他人に行ってはいけない事で、それはお互い女性も男性もです。
人知れずに関係を持つことなのです。
またその人に知られてはいけないという関係性も興奮する一つの材料です。
愛人を作るにはいくつか方法があります。
普通に生活をしている中では、愛人を作るキッカケなんてまずありません。
なのでSNSを使って探すのは、現代社会では効率が良い方法だと思います。
又、街コンや合コン、ナンパなどから出会い関係性を作って徐々に愛人になるケースもあると思います。
SNSでは、女性も愛人関係を求めている人も多いので、出会い系サイトなどで探すのは良い方法だと思います。
一覧で女性の写真を見て探すことが出来るので、コメントやプロフィールをチェックしてコツコツメッセージを送ることが大変ですが可能性は高いと思います。
とにかく出会い系サイトを利用する場合は数です。
数で愛人にしたい、愛人関係を希望している人を探すことです。

しかし、愛人を探す上で必要なことがあります。
家庭に踏み込まない事や、秘密を守れる人、プライベートを探らない人を探す必要があります。
実際にすぐわかる部分ではないですが、注意しながら行動すれば愛人関係を作ることは可能だと思います。

 

《愛人が見つかる3つの掲示板はコチラ》
愛人契約・愛人募集が行われている3つの掲示板とは?

続きを読む≫ 2016/10/05 15:16:05 i

既婚男性はすでに特定の女性と家庭を築いているにもかかわらず、本人の意図と関係なく女性からモテてしまう場合が多いです。既婚男性だからこその振る舞い、落ち着き、包容力が女性を虜にします。そんな既婚男性と出会って理性的になれる女性は愛人にならないのかもしれませんが、そうでない女性はアタックを仕掛けていきます。その時点では女性もダメ元なのかもしれませんが、迫られて嬉しくない男性はいません。そして、アタックが成功すると女性は既婚男性の愛人になります。

 

男性はもともと浮気しやすい生き物で、そこに好みのタイプの女性が迫ってくればなかなか断れません。さらに、浮気することでドキドキしながら恋愛を楽しめるのも刺激的ですので、その誘惑に負けてしまうと愛人の存在を許すことになります。恋愛感情は既婚だからといってセーブできないですので、愛人ができてしまうのはしかたない面もあります。ただ、その付き合いが長く続くかどうかというと疑問です。

 

男性が奥さんにバレてしまえばそれまでですし、もともと熱しやすく冷めやすい恋愛感情なのでどちらかがあっさり幕を引くこともまったく珍しくありません。そうなると長くても1年は持たないことがほとんどです。稀にいびつな関係のままずっと続けられるケースもあるでしょうが、それはやはり滅多にないことです。ただ、そんな一時的なアバンチュールだからこそ心が揺れ動きますし、愛人状態の立場に甘んじる女性はこれからも存在するはずです。

続きを読む≫ 2016/10/02 15:23:02 i

私がある男性の愛人になったのは、25歳の時でした。好きになった人にたまたま家庭があった・・・などという理由ではなく、そのようなサイトに登録して所謂「パパ」を見つけたのです。
その時の私は、結婚を約束していた彼氏に振られ絶望的な気持ちになっていました。だれかこの寂しさから救ってくれる人がほしい、包容力のある大人の男性と出会いたいと思いました。私の考えでは、家庭のある男性=包容力がある大人の男性、だったのです。

 

サイトに登録し、掲示板に書き込むとすぐにたくさんの人からお誘いがありました。
正直、こんなにたくさんの人が愛人を募集していることに驚き、怖くなってしまいました。それに大抵の人はお金が目当てなのです。月にいくら出しますよ、とかそんな提示もありました。
私は少し変わってるのかも知れませんが、お金には困っていなかったので、そこは重視していませんでした。ただ不安定な私のことを包んでくれたらそれでいいという気持ちで。。
そんななか、一人の男性が気になり始めました。大半の男性はお金のことをまず聞いてくるのですが、その方は自分のことをしっかり紹介してきてくださり、なぜここに登録したのかなどを優しく聞いてくれたのです。
それからその男性とメル友になり、一ヶ月後に待ち合わせをしました。
その時はお食事と会話だけで終わったことも、私にとってはすごく紳士にうつりました。
実際体の関係になると、お小遣いをくれるようになりました。最初は断ったのですが、それでは公平にならないからと。
今でもその関係は続いておりますが、お互いの私生活までは踏み込まないようにすることが暗黙の了解になっています。

続きを読む≫ 2016/10/01 19:33:01 i

僕は愛人を1人囲っています。理由は自分の家族が今いる地よりも遠くにおり、カミさんの家が近くにあり、ほとんどなだれ崩し状態で結婚してしまった事が理由としてあるのです。僕とカミさんの間には子供もおらず、「夫婦の営み」もカミさんにしてみれば「事をさっさと終わらせ、面倒くさいことは嫌になる」って感じで「夫婦の営み」も「仕方ないからやってあげている」というのが見え見えなんです。しかも不感症らしく、喘ぎ声も明らかな演技と映って仕方ないのです。正直言ってそれならば、自分で働いて、給料も入った分しっかりと家庭に入れているのに、夫婦としての最低限の行為をイヤイヤとなれば、「他に女性が欲しい」というのは、自分で言うのもなんですが当然の流れと言って問題ないでしょう。

 

だから、愛人を作りました。人前では貞淑そうにしていて、実際ベッドインしたら人が変わって淫乱になるような女性が欲しかった」。これが愛人を作った理由です。カミさんも自分と同じくらいに年齢に達し、「もう「夫婦の営み」なんかやってられるか」感じがもう最初は若干の疑惑で済みましたが、もう愛人との性行為とでは雲泥の差がありカミさんとは義理的には関係を持っても本気では性交渉を持ってくれません。だからこそ愛人の大切さというものをつくづく感じています。

 

でも、カミさんとの離婚は出来ません。なぜならカミさんの実家はそこそこの金持ちなんです。これを食わずにはいられないと言う事で平静を保って愛人の事も隠しています。

続きを読む≫ 2016/09/29 16:18:29 i